給料・待遇

ネイリストの給与はどう決まる?

ネイリストのひと月の給与相場は、推定で20代が18~22万円、30代が25~30万円、40代が19~22万円、正社員の年収は300万円程度と言われています。
この職業は、指名料や手当など、頑張った分だけ給料に反映されるというのが魅力的です。
ここでは、そんな給与体系の仕組みと合わせて、求人情報の給与を見る際のポイントを解説します。

歩合制と基本給の違い

  • 基本給
    正社員の給与体系として、一般的なものが「基本給」です。
    大抵はこの基本給にプラスして、能力に応じた「能力給」がついたり、「手当」や「指名料」がついて、月々の給与が決定します。
    スキルアップがあれば基本給そのものが上がることもあります。
  • 歩合制
    ネイリストの求人で時々見かけるのが「歩合制」です。
    これは、出来高に応じて給与を支払うというもので、小規模な店舗などで見られる仕組みです。

見比べる際のポイントは、月々の給与の総額は単純に時給や基本給だけで決まるのではないということです。基本給が高くても、手当や指名料などがつかなければ、給与総額は低くなります。逆に、基本給が低くても、手当や指名料などで高い給与総額になることもあります。
つまり、求人情報を見る際は、基本給だけ見ていてはダメということ。手当や指名料、歩合まで細かくチェックしてみてください。

給与以外の条件にも注目

福利厚生の充実などは時給や給与に代えがたい価値を持つという価値観の方もいるでしょう。
社会保証や研修などを会社が負担してくれる事による、個人の費用負担の軽減はとても大きいものです。
寮完備のサロンは自分で家賃や生活費を賄うよりもかなりの節約になることもあります。

また独立に向けてネイルの技術を磨こうとすれば、講習費や研修費には相当なお金がかかりますので、会社負担の研修が充実しているとありがたいですね。

さらに交通費をはじめ、制服や、資格取得費用など、ネイリストとして働くためにかかる費用についても、チェックしましょう。これらの出費も自費で賄おうと思うとかなりの金額になります。

一見給与が低くても、福利厚生が整っていることで、結果的に手元に残る金額が多くなることもあるのです。

ネイリストの求人情報厳選集

東京・神奈川・千葉・埼玉のネイリスト求人情報を、おすすめタイプ別に厳選!あなたの「ここは譲れない」「こうだったらいいな」という条件や希望は何ですか?

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉