休日・営業時間

ネイリストは休めない?

女性が憧れる職業のひとつであるネイリスト。
そんな華やかな職業ですが、近年首都圏を中心に、深夜まで営業しているネイルサロンや年中無休の店舗が多くなっています。そういった傾向から見て、ネイリストはきちんと休めているのでしょうか?
ここでは、自分のライフスタイルに合った求人を見極めるために、ネイリストの勤務時間や休日について調べた情報をまとめていきます。

店舗の開店時間だけが勤務時間ではない

朝は9:00にオープンし、21:00くらいでクローズというネイルサロンが多いようです。
お店によって予約が入っていない場合は、開店時間や閉店時間を調整することもあるようですが、ほとんどは時間通り営業します。
開店時間が長いので、多くの場合は「早番」「遅番」といったシフト制で、1日の実働時間は8時間程度です。

ただ、ここで気を付けなければいけないのが、営業時間と勤務時間はイコールとは限らないということ
オープンの準備があるので、早番だと開店時間の30分~1時間早くスタッフが来る必要があり、遅番は閉店作業があります。そうした時間も「勤務時間」として組み込まれているかどうかをきちんと見極めましょう。

また閉店後に研修やミーティングなどがある場合もあります。
自主的に練習をして帰宅が遅くなる場合は仕方がないとしても、強制的に参加が求められるものもありますので、その時間がどのような扱いになるのか、それがどのくらいの時間や頻度であるのかは、あらかじめ調べておく必要があるでしょう。

休日はどれくらい取れる?

年中無休のサロンが多い中、月にどれだけの休日が取れるかは、店舗によってさまざま。

来客が最も見込めるのは土日なので、必然的に平日休みになりますが、シフトの組み方や職場環境によっては、土日休みの取りやすさは違ってくるでしょう。
また一般的にネイリストは、休日が不規則になりがちで、週6日で働いた週があれば、週4日で働く週もあるといったこともあるかと思います。
きちんと毎週2日休みを取ってもらうことで、公私共にモチベーションを上げるという考え方のサロンもあるので、条件は予めしっかりとチェックしておきましょう。

産休や育休も気になりますよね。女性が多い職業なので、最近ではきちんと制度を設けているところも増えてきています。
ただし制度があっても、活用できない環境では意味がありません。実際の取得率を見ることも大切です。

このサイトで紹介しているサロンを例にすると

  • ナイスネイル 産休・育休制度あり(育休取得率85%)
  • プリッシュ 産休・育休制度あり→2015年度実績6名

と言った事例があります。

ネイリストの求人情報厳選集

東京・神奈川・千葉・埼玉のネイリスト求人情報を、おすすめタイプ別に厳選!あなたの「ここは譲れない」「こうだったらいいな」という条件や希望は何ですか?

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉